スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Petit Glam

UNI_2573.jpg

UNI_2572.jpg
UNI_2571.jpg

UNI_2570.jpg

プチグラno.7 モダンクラフツ イシューに武井刊本と呼ばれる武井武雄さんの
豆本の特集が組まれていました。
これまで白黒の作品集は見たことがあるのですがカラーで見てみると
彼の作った作品の素晴らしさを再認識出来ます。
このプチグラno.7にはテーマごとに作品が紹介されています。
これから武井刊本を集める方にはお勧めの1冊だと思います。
これを見ていたらますます欲しくなってしまいました。

告知です。

このブログを始めてはや半年
おかげさまでもうすぐお越しいただいた人数がが2000人になろうとしています。
ここまで続けられたのもひとえに皆様のおかげですので
そこで感謝の意を込めて読者プレゼントなど考えております。
2000のキリ番を踏んだ方にTwin Heart Pressのツリーのミニチュアブックを
差し上げたいと思っております。

しかしキリ番といってもこのブログきり番を認定する機能なのついておりませんので
踏んだかな?と思う方はコメント欄に書き込んでくださいませ。
複数の場合抽選とさせて頂きます。

また条件がありましてキリ番を踏むまでに1回でもコメントをして頂いた方と
させていただきます。
これからでも十分間に合います^^

もし該当の方がいなかった場合は希望者の方に変更です。

お待ちしておりま~す(^0^)

UNI_0979[1]

UNI_1121[1]

タイムマシーン

UNI_2533.jpg

UNI_2535.jpg

UNI_2537.jpg

UNI_2538.jpg
「Time Machines」 Sunflower Press 1996年 黄色布装丁 図入りプリント紙表紙
プラスティックケース入り tektonフォント活版印刷 限定25部 花布付き 限定番号と著者署名入 
38 pp カラープリント切り抜き押絵 活版押絵多数入り プラスティックケース入り


この作品のタイトルはタイムマシーンなのですが皆様何を想像します?
私は最初未来とかに行くあれを思い浮かべていました^^
実はこのタイムマシーンとは時計のことなんです。
この本には人類がどのように月日時間を計る方法を見つけ出していったかという事
が書かれています。

紀元前3500年前にはギリシャ人がオベリスクと呼ばれる方位碑のモニュメントを建て、
影の位置で午前と午後を分け、影の長さで季節を測ったのが時計の起源
といわれているそうです。
長い年月をかけ人々は日時計、水時計などを発明し
1000年頃には時計の原型となる機械仕掛けの塔を作ったそうです。

時計の歴史が分かるとても面白い内容の本です。


ロングドライブ

本日は日本食材の買出しの為大きなアルバカーキーという町まで一人で行ってきました。
この町までは片道100キロくらいあるので1時間程掛かります。
アメリカの大きな道路(高速道路?)は大抵が無料なので助かります。
下の写真は窓から見える風景です。
何もないでしょう~ なので結構運転飽きるんです。
音楽ガンガン鳴らして飛ばしています^^
このような買い物を月に2-3回行くので3年半程前に買った車ですが
走行距離が8万キロを超えてしまいました。
さすがに一人で往復運転すると疲れますね。


UNI_2403.jpg

UNI_2069.jpg

スペイン語の聖書

UNI_2547.jpg

UNI_2551.jpg

UNI_2553.jpg

UNI_2548.jpg


本日の1冊はスペイン語の聖書です。
この本は革張り装丁なのですがポリッシュ加工してあるので
綺麗な艶を保っています。
また型押しでマリア様とキリストの絵が表紙に描かれています。
裏には葡萄のつたをあしらっています。

この本の制作日は記載されていませんが見たところ結構古いものではないでしょうか?
聖書や祈祷書には結構作られた年が書かれていないものが多いので
いつの時代ものか特定するのが難しい場合があります。
たまに当時に持ち主にメモ書きで大体の年が分かる場合もあります。

活版印刷からレーザープリンタへ

UNI_2217.jpg

UNI_2219.jpg

UNI_2218.jpg
「It could be worse.」 TABULA RASA PRESS 1990年 5.8×6.8cm
黒革装丁 金箔押し装丁 表紙に印刷ラベル 見返しにマーブル紙使用 花布付き
200部限定 限定番号と著者署名入


この本TABULA RASA PRESSが1990年に作った比較的新しい本です。
おおよそ20年前のものですがミニチュアブックの世界ですと新しい感じがします。
私はあまり最近作られた本を買わないのですが
それは同じ作家さんでも昔は活版印刷で作っていたのにレーザープリンターで
印刷する方が増えて来ているという理由です。
活版は大変手間と費用が掛かるのでやむ得ないのかもしれませんが
活版印刷好きの私としてはとても残念なことです。

エジプトの石版

shoestring_clay_tablets[1]

このミニチュアブックは私所蔵のものではないのですが
とても変わっているのでご紹介させて頂きます。
Shoestring Pressが2002年に50部限定で作った作品で5つの粘土板に
古代エジプト絵が描かれています。

これも本?という突っ込みは無しで^^
とてもユニークな形のミニチュアブックです。
これは飾っておくといいかもしれませんね。

ミニチュアブックエンド

UNI_2579.jpg

UNI_2581.jpg

UNI_2580.jpg

これはミニチュアブック用のブックエンドです。
いつ頃に作られたものか忘れましたがかなり古いものだった気がします。
写真では分かりにくいのですがこのブックエンド革が張られていて
その上に金箔押しで模様が入っています。
両脇の本を立てる部分は折りたためるので仕舞うのに便利です。
また脇に切れ目が入っていて長くなるようになっています。

このような小さいアンティークのブックエンドってありそうでなかなかないので
見つけたら購入するようにしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。