スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

But, Why Tabula Rasa?

UNI_1894.jpg

UNI_1897.jpg

UNI_1898.jpg
「But, Why Tabula Rasa? 」 Tabula Rasa Press 1983年 5.5×6.3cm 76pp 
濃紺クロス装  限定300部 表表紙に金箔押し表題 Ron Tullyによる活版印刷版押絵入り
見返しにマーブル紙  限定番号と著者署名入 


この本はTabula Rasa PressのJohn Lathourakisさんが書き下ろした作品で
彼がハンガリーでミニチュアブックに初めて会った時の衝撃、
ミニチュアブックを集める時の苦労、
そして好きが高じて本を作り始めてからなぜ「Tabula Rasa Press」という名前に
決めたかなどが独特の語り口調で書かれています。
彼は本を買うお金がない時にはこっそり奥さんのお財布や子供の貯金箱から
お金を盗ったことがあるそうです。
3枚目の写真は奥さんにお小遣いをお願いしている絵です。

またこの本は数種類のフォントの活版を使い分けたり活字をわざと逆さまにしたりと
印刷に工夫が凝らされています。
とてもユニークで面白い本なのですが惜しいことに
落丁?があって同じページが数枚入っているのです。
いい本なのにとても残念です。

スポンサーサイト

テーマ : ★★ドールハウス・ミニチュア★★ - ジャンル : 趣味・実用

COMMENTS

No title

この本の面白さが
作者の自画像ににじみ出ている作品ですね。

同じページが入っているのも
この方のユニークな演出???

うみポコぺんさんへ

挿絵が面白い本はいいですよね。
本の内容のイメージが沸きます
同じページが入っているのは落丁だと思います。
非常に読みにくいですので。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。