スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの童謡

UNI_1881.jpg

UNI_1885.jpg

UNI_1883.jpg
「Jack be Nimble and Other Rhymes」 The Good Book Press 1987年 5.7×7.5cm
36pp 装飾文字活版印刷 活版印刷による押絵多数 入り 100%ラグペーパー使用
限定200部  表表紙に活版印刷ラベル 見返しにマーブル紙使用


本日は紙漉きから、印刷、製本まで、完全な手作業による豆本製作をしている
ピーター&ドナ・トーマスが製作した初期の作品のうちの1冊をご紹介いたします。

この本にはピーター自身によって作られた100%ラグペーパーが使われています。
ラグペーパーとは木で作られた紙ではなく木綿をほぐして作られたものです。
この手作りの紙に15編のアメリカの童謡が活版印刷による押絵を1枚づつ交えて綴られています。
これらの同様はこのJack be Nimbleをはじめとする15編の童謡はアメリカの子供達にとても親しまれている歌です。
うちの息子が知っているポエムもいくつか入っていました。
ちなみに明日そのポエムをコンテストで朗読するそうです。


この豆本気に入って頂けましたら。↓
banner_04.gif
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

この挿絵いいなぁ~^^
私好みの絵です~♪
紙の質感はどんなものなんでしょうね。
「紙」から作るというのも豆本の世界ではよくあるのでしょうか?
植物繊維があれば基本的に「紙」に出来るってことかしら。
以前草を食べる動物のフン(くさい話でスミマセン)で
ハガキが出来たの見ましたが、
草だけに、若草色でした。。。。
息子さんの詩の朗読、
結果どうでしたか?

うみポコぺんさんへ

この紙の質感は結構ざらざらしていて少し硬めです。
さすがに紙から作る方は豆本の世界でもあまりいません。
よっぽど好きな人だけです。
紙の定義はよくわかりませんが
植物繊維を漉くと何でも紙状の物になるみたいです。
使いやすさはまた別ですが

詩の朗読会は息子曰くまあまあだったそうです。
結果はまだ出ていないといっていました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。