スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンカード

UNI_1534.jpg

UNI_1537.jpg


UNI_1576.jpg

今息子の学校ポケモンカードが流行っています。
(日本ではもう違うのが人気なのかな?)
ご多分にもれず息子も買ってほしいと言い出しましたので
6才の子にまだ早いんじゃないと迷ったのですが家族会議の結果
少しだけ買ってあげることにしました。
息子は意気揚々と学校に持っていったのですが、
2日後、あまりにブームが加熱したため学校に持って行くことが禁止されました。
息子のがっくりぶりがすごかったです。


本日の1冊は1929年にアメリカのカトリック教会によって作られたミニチュアの祈祷書です。
総革のケースに入った大きさ3.3×4.5cmのプレーヤーブックは
方金仕上げで見返しには綺麗な柄の紙が使われています。
また扉の絵はイエスキリストの絵が描かれています。

昔の人々はこのように肌身離さず祈りの書を持ち歩いていたんですね。

「祈祷書とは、キリスト教各教派において、公的あるいは私的に信者が行うものとして教会が認可した祈祷文を収録したものをいいいます。ただしカトリックでは、ミサ典礼文・聖務日課など公的な場(典礼)での祈祷文を「典礼文」とし、祈祷文から分けていいます。この場合、祈祷文とは信者が私的に行う祈祷のための書であります。(Wikipediaより)」

応援して頂けましたら嬉しいです。↓
banner_04.gif
スポンサーサイト

COMMENTS

今日は

以前、私のホームページにご訪問くださりありがとうございました。返事が遅くなったことをお詫びします。rubaiyat関係の豆本は、いくつか持っておりますが、積極的に収集はしませんでした。しかし、tomokoさまのブログを見ると結構なものがありますね。蒐集はインターネットが中心ですか?。東京では豆本専門のお店もあります。店主が女性の呂古書房といいます。Little Leather Library製の豆本はお持ちですか?戦前日本で装訂をコピーして出版されたことがあります。面白いですね。

ありがとうございます。

当ページを読んで頂きましてありがとうございます、rubaiyat_2009さま。
Little Leather Libraryより発行された本は数冊持っております、1920年頃にシェイクスピアや聖書など古典を中心に出版されたと記憶しております。
また私の本の購入方法ですが主にオークションや懇意にしている本屋さん
から買っております。
本当は作品を手にとって選んだほうが良いのですがアメリカの田舎暮らしの為なかなか叶いません。
呂古書房さんは存じておりますがまだ行った事はありません。武井武雄さんの作品を多く扱っていらっしゃるとのことで一度行ってみたいと思っておりました。
また来て頂けるのをお待ちしております。


No title

tomokoさん、こんにちは^^
革ケースのひしゃげ具合など歴史を感じる
豆本ですね。
挿絵のキリスト画など、細かい模様など
手彫りの版画なのでしょうか。。。
ため息です^^

息子さんのお話、がっかりしているご本人には
申し訳ないのですが、思わず「クスッ」と微笑んでしまいました。
ポケモンは日本でも相変わらず人気ですよ。
ニンテンドーDSではゲームボーイ時代のポケモンゲームを
リバイバルしたぐらいです♪
持ち込み禁止は残念でしたね。
確かに日本でも学校で盗難トラブルがあるので、
持込禁止しているようです。
またアメリカ生活の話題楽しみにしていますね。



ポケモンカード

うみポコぺんさん
日本でもポケモンカード流行っているんですね。
めげずにいまでは近所の子とカードの交換をして遊んでいます。
まだルールとか分かっていないようです。

いつの時代も子供達が夢中になって集めるものがありますね。
私の頃はビックリマンチョコのカードでした。(時代がばれますね)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。