スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットランド滞在記

UNI_2410.jpg

UNI_2411.jpg

UNI_2412.jpg

UNI_2413.jpg
「Elizabeth Goes to Scotland.」 Bronte Press  1990年 4.1×6.4cm プリント厚紙装 
手彩色活版印刷押絵多数 活版印刷表紙に活版印刷ラベル 32 pp 60部限定 
限定番号と著者署名入


このブログではおなじみのBronte Pressさんの作品です。
この挿絵の感じなんとなく見たことあるのではないでしょうか?
この本の本文は手書きの書体をエッチングによって印刷されているので
とても雰囲気があります。
この表紙に使われているプリント何風というんでしょうか?
とてもいい感じです。

この本はエリザベスがスコットランドのおばあちゃんのうちに遊びに行くお話しです。
まあスコットランド滞在記ですね。
なかでキルトを着た兵隊さんが出てくるのですが
キルトというのは一度は見たことあると思いますが、
タータンチェックのスカートのようなものです。
このスコットランドの男性用民族衣装キルトですが知ってましたか?
この衣装を着るとき下着を履かないのが正式なんだそうです。
ということはあのチャールズ皇太子も...
とても開放感のある衣装ですね。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

手書き書体といい、表紙といい
雰囲気がいいですね~^^
このプリント柄は生地にも似たようなものがありますよ。
田舎の風景と人の組み合わせでビンテージ風なんですよ。。。
挿絵も昔の子供用教科書にありそうで
いい感じ♪

tomokoさんは本当に色々な豆本を
お持ちですごいですね^^
毎回楽しませてもらっています。
こういう本との出会いはネットでですか?
それとも直接お店にでむくのですか?


うみポコぺんさんへ

このプリント結構有名なんですね。
ぜんぜん知りませんでした。
アジアとも西洋ともいえない雰囲気が好きです。

豆本の購入場所ですが
私が本を買う場合は大抵ネットです。
なので実際届いてみると好みに合わなかったりすることもあるんです><
日本に帰国する際には豆本の専門店に行けるので
その時は思う存分吟味して購入出来るのでうれしいです。

No title

tomokoさん、
現実的に日本へ帰国される可能性があるのですか♪
(たびたびスミマセン、本日2回目のコメントですが)

うみポコぺんさんへ

まだはっきりとは分かりませんがパパさんの仕事の関係で近々帰国の可能性も
あがあるのでその時を楽しみにしています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。