スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ語のミニチュアブック

UNI_2304.jpg

UNI_2306.jpg


UNI_2305.jpg

UNI_2323.jpg


花のイラストの鮮やかなこの本は1900年前半にドイツにて作られた、
クリスチャンの為のミニチュアブックです。
ドイツ語なので詳しくは分からないのですが
日々のお祈りについて書かれているようです。
表紙は花をかたどった箔押しのエンボスが美しい淡い緑の布装丁です。
この本の花布は手で赤と黄色の絹糸を編んで綴じ付けてあり小口が
3方金仕上げとなっていて細部まで丁寧に作られています。

いつの時代も花をモチーフにした本はかわいらしくて素敵ですね。
スポンサーサイト

COMMENTS

No title

布の装丁と
金のエンボスの組み合わせ、素敵ですね。
製作当時はもっと色鮮やかだったのでしょう。
でも
今のこの雰囲気も新品にはない深みが十分あっていいですね。。。。
ドイツ語は昔、授業で単位を2回落としましたTOT
未だに夢にでてきます。。。

うみポコぺんさんへ

そうですね。
古い本も味があるんですが
綺麗な装丁だと作られた頃も見てみたいですよね。

ドイツ語.....
私もいい思い出はありません。
大学の時とったのに今ではほとんど覚えてないです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。