スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンブックシリーズ

UNI_2312.jpg

UNI_2315.jpg

UNI_2316.jpg

golden booksシリーズはアメリカ、NYで1942年から60年以上
作られ続けているミニチュア絵本です。
日本では片岡義男さんが有名ですが、世界中にコレクターが多く、
大人から子どもまで全世界の人に愛されています。
発売当時の価格は25¢で20年間その値段で売られていました。
コレクターの間では、やはり初版がもっとも人気で
同じタイトルの本でも版によって絵柄、タイトルの書体や色、色づかいが
違ったりするそうです。

ちなみに、日本語版もバンダイより発売されていたそうですが
子供の頃にこんな豆本に出会っていたら
絶対集めていたと思います。

2枚目の写真は3匹のクマのお話です。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

うわっかわいい~^^
こんな豆本サイズあったんですか!!
普通のサイズもありますよね。
このサイズ日本でも手に入れられるんですか?

この間記事にされていたyou tubeの豆本作り
今、星型に挑戦していますよ。
どうもコラージュbookになってしまってますが^^;
今日7枚中4枚目作りました。
完成した暁にはブログにアップしますね。

あ~「流星。。。」最終回ですね。
今朝から3兄弟、番組宣伝で、テレビでまくりですよ^^

うみポコぺんさんへ

日本版はもう絶版なのでヴィンテージを扱っているところでないと
探すのは難しいかも知れません。
探したところ結構なお値段になっていました。

早くうみポコぺんさんの豆本の新作みたいです~
楽しみにしています。

あのドラマ今日最終回なんですね。
はやくみたいです。
犯人はナイショということで

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。