スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンデルセン童話のミニチュアブック

UNI_2195.jpg

UNI_2199.jpg

UNI_2200.jpg

UNI_2201.jpg

UNI_2202.jpg
「Princess and the Swineherd」 1988年 Bronte Press 5.4×6.8cm 赤革装 金箔押し表題
8pt活版印刷 24 pp 見返しにマーブル紙使用 印刷に桃色紙使用 手彩色押絵11枚入り
 100部限定 限定番号と著者署名入


本日の1冊はアンデルセン童話より「豚飼い王子」というお話を
この本の製作者のPruchnickiさんがこの本のために書き直したものです。
この「豚飼い王子」というお話を私は知らなかったのですが

貧しい国の王子様がお姫様に結婚を申し込む為にとても貴重な
二つの贈り物をしたのですが気に入ってもらえませんでした。
そこでその王子様がしたことは.....こちら

この物語はハッピーエンドでもなく、なにか物悲しささえ漂うお話です。

この本を製作したBronte Press1枚1枚手塗りで彩色された
オリジナルの絵が特徴の豆工房本です。
この方の絵を見ていると、とても暖かな気持ちになります。
見返しにマーブル紙を使う事が多いのも素敵です。
好きな作家さんのうちの一人です。

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

私もこのお話しりませんでした。
ストーリー読んできました^^
最近の子供向けはハッピーエンドが多いので、
(うちの子供たちが読んでいるものは)
子供に読んであげたらどんな反応を示すか
やってみたくなりました。
ちらっと写っているマーブル模様
本文で使われている色彩と似ていて
雰囲気があっていますね、さすが!!

うみポコぺんさんへ

結構理不尽なお話ですよね。
これって物を送って気に入ってもらえないからって
復讐しにいく王子様ってどっちもこっちなような..

このマーブル紙可愛いですよね。
気に入っていただけてうれしいです。

No title

tomokoさま

物語を拝読し、「この王子、粘着質で怖っ」と思ってしまいました。
「誰が一番悪いと思うか?」で、心理テストとかできそうな内容ですね。

Bronte Pressさんのご本は、どこかほのぼのとした雰囲気があって素敵です。
個人的には、豚さんのイラストが妙にチャーミングで好きです。

nishiさんへ

結構海外の童話って内容が暗いの多いですよね。
グリム童話とか。
自業自得みたいのを伝えたいのでしょうか?

Pruchnickiさんのイラストはいいですよね。
とても好きです。
豚、私も実は気に入っていました。
目がいいです。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。