スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイの花々

UNI_2031.jpg

UNI_2035.jpg

UNI_2034.jpg
「THE LITTLE BOOK OF HAWAIIAN FLOWERS」 1964年 Kinoike Press 5.1cm×6.8cm 62pp
厚紙にタパを被せた両表紙と濃赤背合成皮革装 背に箔押し表題 押絵30枚入り


本日の本はハワイの花を題材にした1冊です。
アンスリウムやハイビスカスなどよく知られている花から珍しい花まで
30種類のハワイの花が単色カラー刷のイラストと共にその特徴、用途が解説されてます。

この表紙に使われているタパですがクワ科の植物(カジノキ、パンノキ、イチジクなど)
の内皮を木の叩き棒で叩いて薄く伸ばし、何重にも貼りあわせたもので
南太平洋やポリネシア一帯で伝統的に作られてきた樹皮布です。
タパを作るには破かないように叩き伸ばす技術と、相当な手間と労力が掛るそうです。
本作はこのタパを幾何学模様に染めて表紙に使っています。

この本を作ったのはKinoike Pressという工房ですが私が知る限り
ここはこの本しか1冊しか作っていません。
しかしこのハワイの花の本は内容、押絵、装丁共に大変よく出来ている作品です。
50年以上前に作られた作品とは思えない程の斬新なデザインです。

このMiniature Book を気に入って頂けましたら↓
banner_04.gif

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

カラーページが織り交ぜられているところが素敵な上に
挿絵の美しさもいいですし、
表紙の樹皮がさらに価値を高めていますね。

こういう作品を手にすると
小さいものだけれど、価値の重さをぐ~と感じます^^

うみポコぺんさんへ

気に入っていただけてうれしいです。
私もこの本お気に入りの1冊なんです。
花の図版が素敵なんです。
もちろん表紙もいいですしね。
花布がついてないのは残念なんですけど^^

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。