スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳句の豆本

UNI_1937.jpg

UNI_1939.jpg

UNI_1940.jpg

UNI_1938.jpg
「Apricot Moon」1979年 橙ベアロ布装丁 30 pp 活版印刷 見返しにマーブル紙使用
花布付 125部限定限定番号と著者署名入


本日の1冊はSunflower Pressより俳句の本のご紹介です。
海外で俳句?と思う方もいらっしゃるかも知れませんがアメリカなどでは
戦前から広まっていって現在では結構メジャーだそうです。
ただ日本と違って5-7-5に厳密にこだわっているのではなく
3-4-3だったり3-4-6だったりかなり短くなっているそうです。
理由はシラブル(音節)の違いです。
英語で例えば、"English"は2 シラブルなのに日本風に発音すると6 beatsにもなってしまいます。
よって英語で5-7-5を作った場合とても長い詩になってしまいます。
さらに日本語の五七調は、語呂として気持ちがよく、文学的・詩歌的なリズムとして一千何百年もかけて定着したもので、英語とは縁もゆかりもない代物です。さすがのアメリカ人も50年俳句をやっているうちにそこに気づいて、「英語の5-7-5では長すぎて情報量が多すぎ、俳句のbrevity(短さ)の感じが出ない」と結論で短くしていったということです。
言語の違いは大きいですよね。

この本には15編の俳句が収録されていますがこの本に入っている俳句は5-7-5
の規則に沿って作られていますので短めの詩のようにな感じになっています。
日本の文化が海外で愛されるのはいいことですよね。

このMiniature Book を気に入って頂けましたら↓
banner_04.gif

スポンサーサイト

COMMENTS

いつも楽しく拝見しています

見返しの、あざやかなマーブル紙が素敵!
アプリコットカラーでまとめられていて、
なんだか美味しそうな一冊です。
日本では、どちらかというと年輩の方の趣味という印象がある「俳句」ですが、
アメリカではどういう方が嗜まれるのでしょう?
『歳時記』のようなものもあるのでしょうか?

nishiさんへ

海外におけるhaikuとはどちらかといえば
日本好きの若い人の間で流行っているようです。
禅ブームの影響があるみたいです。
『歳時記』のようなものか分かりませんが
Cor van den Heuvelが編集した"The Haiku Anthology"が有名です。
でもhaiku人口は日本に比べるとまだまだ少ないようですね。
でも結構ミニチュアブックの題材にhaikuは使われているんですよね。

No title

タイトル 「Apricot Moon」 は 日本のお月見をイメージしたのかしら。。。
とっても気に入りました^^
俳句といえば、
最近日本の人気グループ歌手「ポルノグラフティ」のギターの方が
女優の長谷川京子さんと結婚されました。
ふたりのお付き合いのきっかけは
「俳句を詠む会」での出会いだったとか。
日本でも「俳句」話題になりましたよ~^^

うみポコぺんさんへ

 そうですね「Apricot Moon」 は杏の月 という意味なので
オレンジ色の月のイメージでこの本を作ったのかもしれません。
長谷川京子さん結婚されたんですか(すみません疎くって)
俳句で出会うなんてそんな素敵な出会いもあるんですね。

有難うございました

haikuが、一文化としてアメリカに根付いていることにびっくりです。
教えてくださって本当に有難うございました。
「世界最短の詩」と言われる俳句に、確かに豆本はぴったりかも。
またすてきな豆本のご紹介を心から楽しみにしています。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。